本文へスキップ


株式会社赤川硬質硝子工業所は、Your ideas. Your glass.をモットーに、よりよいガラスを皆様にご提供していきます。

TEL. 06-6922-3681

〒535-0004 大阪市旭区生江1-2-20

会社概要会社紹介

会社概要

社名
株式会社赤川硬質硝子工業所
代表者
田邉 香
本社所在地
〒535-0004
大阪市旭区生江1-2-20
→アクセス
TEL. 06-6922-3681
FAX. 06-6925-1178
資本金
2000万円
設立
1951年

会社方針

Your ideas. Your glass.
あらゆるガラスの多様なニーズにお答えいたします。


CEOメッセージ

CEO

 当社は原料調合、溶解、成型を一貫して行う硝子工場です。
溶融した硝子を顆粒にする、バルブにする、パイプにする、ロッドにする、プレス成型する、ブロック状にする等の加工を行っております。
 これらに立脚して専門性の高い硝子の少ロット、多品種生産に優れており、お客様のさまざまなご要望に答えられるよう努力しております。
 お客様の多様なご要望に答えるため、高度の原料管理技術、溶融技術に加えて優れた加工技術が欠かせない要素であります。

 当社では熟練した職人と若手職人が絶え間なく技術の伝承を行なっており、加工技術の維持向上に絶えざる注力を行っております。
 当社各種製品は最新科学技術の多くの分野で採用されており,我々はこの点に大きな誇りと喜びとを感じています。
 弊社製品により貴社事業に貢献できれば幸いです。

沿革

1929年
田辺硬質硝子製造所設立(アンプル管製造)
1951年11月
資本金50万円を以て有限会社を設立。代表取締役にて広岡 勝次が就任。硬質硝子管および理化学用硝子の製造を開始。(田辺硬質硝子製造所赤川工場を分離独立)
1951年11月 29日
創立記念日
1952年6月
資本金100万円に増資
1954年9月
田邉 嘉市が代表取締役の就任
1962年10月
資本金200万円に増資
1963年5月
資本金250万円に増資
1964年3月
工場改造第一期工事完成
1964年5月
資本金500万円に増資
1965年2月
工場改造第二期工事完成。溶解炉1基増設
1968年9月
組織を変更し株式会社とする
1969年1月
資本金1000万円に増資
1969年2月
資本金2000万円に増資
1970年9月
工場改造第三期工事完成。溶解炉1基を大改造。単独炉1基を増設
1972年7月
徐冷炉他生産設備一式を増設
1972年8月
小型電気溶解炉(3.5t)を増設。特殊品目の連続溶融生産を開始
1982年4月
田邉 嘉宗が代表取締役に就任
1991年4月
白金小型管引き炉を増設
1992年4月
白金連続ガス溶融炉を増設
1993年4月
多田 嘉宏が代表取締役に就任
2000年4月
白金連続電気溶融炉を増設
2005年11月
化学強化用硝子板連続製造用タンク炉設置の為、森之宮工場を開設
2006年3月
田邉 香が代表取締役に就任
2007年7月
尼崎工場開設
2007年10月
尼崎工場2ライン稼動の為、森之宮工場閉鎖
2009年10月
尼崎工場の生産停止
2009年11月
尼崎工場売却
2012年1月
本社第一タンク生産停止
2012年7月
単独炉14号建設開始
2012年12月
連帯窯生産停止及び解体
2013年1月
単独炉15号・16号建設開始

バナースペース

株式会社赤川硬質硝子工業所

〒535-0004
大阪市旭区生江1-2-20

TEL 06-6922-3681
FAX 06-6925-1178