本文へスキップ


株式会社赤川硬質硝子工業所は、Your ideas. Your glass.をモットーに、よりよいガラスを皆様にご提供していきます。

TEL. 06-6922-3681

〒535-0004 大阪市旭区生江1-2-20

Gradedglass

段継ガラスとは

○○○○○○○○イメージ

ガラスとガラスは、熔かして接合することができます。
しかし、その時、互いの膨張係数が大きく違うものを付けると、割れてしまいます。
ガラスは、そのガラスが熱されたり、冷やされたりしたときに、伸びたり縮んだりします。
これを膨張係数というもので表します。

普通のビンガラスでは、100110×10-71/K)(線膨張)になります。(以後、α100110と書きます。)
窓ガラスでは、α85位です。
普通、膨張係数の差が5〜6位のものを付けるのなら大丈夫ですが、それ以上の差のものを付けると、割れてしまうことがあります。
α105のガラスと、α85のガラスはそのままでは付けることはできません。
これらを付けるときに、段継硝子を使います。
α105のガラスに、α99の段継ガラスをつけます。
次に、そのα99の段継ガラスにα92の段継ガラスを付けます。
このα92の段継ガラスにα85のガラスを付けます。
(α92のガラスに、α87をつけて、それにα85を付けたほうがなお良い。)
これで、α105のガラスは、α99の段継ガラスとα92の段継ガラスをサンドイッチにしてα85のガラスに付いたことになります。
(付け方は、α85のガラスから、逆につけても構いません)


        α85       
  α87  
  α92  
  α99  
      α105      


「段継ガラスの種類」

 種類 膨張係数 (x10-7) サイズ 
(直径x長さ)(mm)
単価
(円/本) 
備考 
 WI009  9  3Φ×100  600  
 WI013  13  〃  〃  
 WI018  18  〃  要相談 気泡が少し
有ります 
 WI023  23  〃  〃 透明性なし 
 WI028  28  〃  〃 透明性なし
 WI032  32 3Φ×300  300  
 WI035  35  〃  〃  
 WI038  38  〃  〃  
 WI045  45  〃  〃  
 WI050  50  〃  〃  
 WI055  55  〃  〃  
 WI057  57  〃  〃  
 WI060 60  〃  〃  
 WI062  62  〃  〃  
 WI067  67  〃  〃  
 WI072  72  〃  〃  
 WI077  77  〃  〃  
 WI082  82  〃  〃  
 WI087  87  〃  〃  
 WI092  92  〃  〃  
 WI099  99  〃  〃  
 WI105  105  〃  〃  
 WI111  111  〃  〃  
 WI117  117  〃  〃  
 WI123  123  〃  〃  
 WI129  129  〃  〃  

WI009〜WI028は、一回の注文が20本以上の時は送料無料
WI032〜WI129は、一回の注文が40本以上の時は送料無料
この表にない、膨張係数のものもオーダーメイドで造ります
(最低ロット2000本から)

  

実績

弊社の低膨張硝子は、40年以上の実績があり、
この硝子の分野ではトップクラスの供給量を誇っています。
     


特徴

弊社の低膨張段継硝子は、多孔質ガラスから作っています。
これは、直接溶融法で造るものに比べ、次のような大きな特徴を持ってます。

@直接溶融法で熔かして造ったガラスより熔けやすい。
(より低い温度で、接合作業ができる。)
A直接溶融法で熔かして造ったガラスより、泡や異物の入ってる可能性が少ない。

T:原料が熔けてガラスになるときに、アルカリ、アルカリ土類などが熔融を助けます。しかし、これらはそのガラスの膨張係数を大きくする方向に働きます。
したがって、低膨張のガラス組成を設計するときにはこれらをきわめて少なくします。こう設計されたガラスは、低膨張にはなりますが、非常に高温にならないと熔けなくなります。弊社の低膨張硝子は、こう言った製法を取らないので、低膨張でありながら、そこまで高温にしなくても熔着作業ができる粘性に持っていけます。
U:高温でガラス熔融すると、ガラスはその容器(坩堝のようなもの)を浸食します。浸食を恐れて充分に温度を上げなければ、そのガラスの粘性は低くならず、熔融中に発生する泡が切れにくくなります。超高温熔融では、この両方が起こってしまうことが有ります。弊社の低膨張硝子は、このような超高温にすることなく作るので、泡や、異物の混入はずっと低く抑えることができます。


    

バナースペース

株式会社赤川硬質硝子工業所

〒535-0004
大阪市旭区生江1-2-20

TEL 06-6922-3681
FAX 06-6925-1178